So-net無料ブログ作成

★★心拍トレーニングに! エプソン(EPSON) 脈拍計測機能搭載 Wristable GPSウォッチ SF810B/V #スポーツ [スポーツ・レジャー]



★心拍トレーニングに! エプソン(EPSON) 脈拍計測機能搭載 Wristable GPSウォッチ SF810B/V




~心拍トレーニングとは~

心拍数を計測し、その数値を指標としてトレーニングを行うことです。
今までの「キツい」「ラク」と言った感覚から
「心拍数」という具体的な数値で運動強度を表すことができるので、
目的を明確にした効率的なトレーニングが可能になります。

走ったり、階段を上ったりすると、心拍数が上がると思います。
これは身体が運動エネルギーを作り出す酸素を必要としているためです。

従って、運動強度が高いほど、酸素摂取量が高いと言えますが、
体内での酸素摂取量を計測するのは容易ではありません。

ただし、酸素摂取量は心拍数と比例すると言われているので、
心拍数が高いほど、運動強度が高いということになります。

心拍トレーニングは、限られたアスリートのためだけのものではなく、
例えば、ランナーやスポーツ競技者の
持久力向上~筋力向上~瞬発力・運動能力向上にも役立てることができます。

また、健康増進~脂肪燃焼など、
目的によって幅広く活用していただくことができます。


~心拍トレーニングの効果~

◆目的によって運動強度の調整が出来る
健康維持〜競技力アップまで!

◆運動強度の目安が「キツい・ラク」と言った感覚ではなく、
 「心拍数」という具体的な数値で表される
体重・年齢が同じAさんとBさんが、同じコースを5分/kmで走った時、
Aさんの1分間の心拍数が120、
Bさんの1分間の心拍数が140だったとしたら、
Bさんにとって、Aさんよりもキツい運動をしたということになります。

◆同じペースで走った時の心拍数の増減により、心肺機能の向上がわかる。
Aさんが同じコースを5分/kmで走っていて、例えば心拍数120で走っていたのに、
110、105・・という心拍数で走れるようになったら、心肺機能が向上している証拠です。









>>詳細・ご購入はこちら



























nice!(1) 
共通テーマ:健康

nice! 1