So-net無料ブログ作成

★★【ダチョウ抗体マスク】しっかり感染予防したい方におススメ  #ダチョウ抗体マスク #マスク [健康]



★★クロシード さらに進化したダチョウ抗体マスク プリーツ記憶タイプ Rサイズ(ふつう) 3枚入 ×3個セット 



クロシード さらに進化したダチョウ抗体マスク プリーツ記憶タイプ Rサイズ(ふつう) 3枚入 ×3個セット






多くの人は、マスク着用時にむずがゆかったり、
位置を変えたりと、 頻繁にマスクを手で触っています。

せっかくマスク上に捕集されたウイルス飛抹や花粉アレルゲンは手を介して、
二次感染を引き起こすリスクがあります。

この二次感染リスクは、多くの医療機関の院内感染委員会でも 注意喚起されています。

マスク素材に浸み込ませている数百兆個の"ダチョウ抗体"は、
危険因子のウイルスや花粉アレルゲンの 活性化(リスク)を抑制することを検証しています。

























*詳細・ご購入はコチラ↓↓↓

クロシード さらに進化したダチョウ抗体マスク プリーツ記憶タイプ Rサイズ(ふつう) 3枚入 ×3個セット





>>★★【マスク】特設会場は コチラ


>>★★【Amazon プライム・ビデオへようこそ!!人気映画・ドラマ・アニメが見放題】





















■まずは資料請求を!!








■スマホ・タブレットがあればOK!!


■iPadまたはiPhoneがあればOK!!







nice!(1) 
共通テーマ:健康

★★【昔話シリーズ】浦島太郎   #山本郁男



★★【昔話シリーズ】浦島太郎
(山本 郁男さん作)

























■まずは資料請求を!!








■スマホ・タブレットがあればOK!!


■iPadまたはiPhoneがあればOK!!







nice!(0) 
共通テーマ:お笑い

★★割れない鏡 【REFEX】リフェクス 姿見  #割れない鏡 [生活雑貨]




★割れない鏡 【REFEX】リフェクス 姿見 壁掛け対応スタンドミラー W80cm×150cm シルバー色 NRM-6/S





日テレ『世界一受けたい授業』(2014年5月17日)で
絶対に割れない鏡として紹介されました!!

反射率が高く、肌の色を忠実に映すのでメイクにもぴったり!

驚きの軽さ 移動、設置もらくらく くっきり鮮明に映る
業務用で長年使用されているプロ仕様のミラー

5mm厚のガラス鏡の約1/6と軽量です。
市販のフックで簡単に壁に吊下げられます。

女性や高齢の方でも手軽に部屋から部屋へ移動が出来ます。
硝子ではなくフィルムですので落下したり衝撃を受けても割れたり飛散したりしないので安全です。

厚みで映像がダブってしまうガラス鏡に比べ極薄(0.025mm)のフィルムで像を反射するので
ゴーストが無く鮮明にくっきりと映し出します。

高透明なフィルムを使用していますので肌の色が自然に映ります。
反射率が83%と高く鮮明に映し出します。






>>詳細・ご購入はこちら























■まずは資料請求を!!








■スマホ・タブレットがあればOK!!


■iPadまたはiPhoneがあればOK!!






nice!(1) 
共通テーマ:ショッピング

★★ダイヤモンドが手首をぐるりと覆うテニスブレス K18WG2ctテニスブレスレット  #ダイヤ #テニスブレス [ダイヤモンド]



★ダイヤモンドが手首をぐるりと覆うテニスブレス K18WG2ctテニスブレスレット





ダイヤモンドが手首をぐるりと覆うテニスブレスは、
大人の女性ならぜひとも手に入れたい憧れのジュエリーですネ。

ダイヤ60石合計2ctの大ボリュームで、1粒1粒がきれい。
しっかりキラキラと煌いて存在感はバッチリ。

地金は正真正銘K18WG。
貴女が輝きます!!








>>詳細・ご購入はこちら




















■まずは資料請求を!!








■スマホ・タブレットがあればOK!!


■iPadまたはiPhoneがあればOK!!






nice!(1) 
共通テーマ:ファッション

★★小麦アレルギーの方ダイエットする方に!! 大麦と果実のソイキューブ  #小麦アレルギー #低GI [健康・ダイエット]




★小麦アレルギーの方ダイエットする方に!! 大麦と果実のソイキューブ









*GIとは・・・
GIは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、
食後血糖値の上昇度を示す指標のことです。

つまり、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、
摂取2時間までに血液中に入る糖質の量を計ったものです。

GIは、特に1990年代に脚光をあびはじめ、1998年にFAO/WHOレポートが発表されました。

さらに2003年にWHOから「過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを、
低GI食品が低減させる可能性がある」

というレポートが出されるなどの背景から、その後もさまざまな研究が進行し、
食品メーカーは食物繊維が多く、エネルギー密度が少ない、
GIの低い食品を供給すべきと求めていました。

低GI食品は、現代人に急増しつつある肥満やメタボリックシンドロームの予防・改善の観点からも、
注目されています。










>>詳細・ご購入はこちら























■まずは資料請求を!!








■スマホ・タブレットがあればOK!!


■iPadまたはiPhoneがあればOK!!






nice!(2) 
共通テーマ:健康